アマゾン

ホワイトーボードの紹介

2018年8月1日

少し前から、自宅用にホワイトボードが欲しいなと思ってましてついに買ってしまいました。学生時代はずっと黒板生活でしたのでホワイトボードに憧れがありました。大きなキャンパスに思いっきり字を書くのって気持ちいいですよね。昔から勉強は苦手でしたが、黒板に落書きをするのは好きでした。(笑)今回は購入したホワイトボードの用途は以下になります。

【用途】
➀自己啓発の勉強で使用
➁やらなきゃいけないことの整理
➂アイデアのメモ

ネットでホワイトボードについての情報を集めると以下の2パターンあることがわかりました。

【種類】
➀従来の板タイプ

➁シートタイプ

どっちにしようか迷ったのですが、今回はシートタイプを購入しました。理由は以下になります。

【選んだ理由】
➀賃貸物件のため壁に穴をあけたくなかった。
➁処分する際に板タイプだとお金がかかる。
➂サイズを自由に変更することができる。
➃シートタイプの方が値段が安い。

今回、私はアマゾンで「Rabbitgoo ウォールステッカー」というものを購入しました。

Rabbitgoo(ラビットグー) ウォールステッカー ホワイトボード(44.5 X 200CM)

プライム会員だったため、翌日届きました。包装は少し大きかったですが中身は小さかったです。

裏側には、マス目があるためカットがしやすかったです。

実際にカットをしてはってみたらこのようになりました。

張るのは簡単なのですが、水平に張るのが難しかったです。粘着力はありますが剥がすのは簡単です。ペンも付属しているのですぐに使い始めることができました。

実際に使ってみての感想なのですが、生活が捗りました。メモを手帳に取ることは誰もがやることだと思います。しかし、手帳を開くことをしなければメモは読まれないため忘れてしまうことがあります。しかし、ホワイトボードを使用することで毎日必ず目にとまります。デスクの隣壁にホワイトボードを張ることによってアイデアやメモをすぐに書くことができるため便利です。

【ホワイトボードvsステッカー】メリット:1本物に劣らない書きやすさと消しやすさ、何度でも書き直し可能です 2コスパがいいです 3コンパクトで省スペイースなので狭い所でも気軽に使えます 4粗大ゴミ手数料いりません。

【用途広い】相手とそのニーズに合わせて使えます。家では子供の落書き・勉強・伝言メモ、会社ではプレゼン・映写用・スケジュール表、カフェや店ではPOP、メニューボード・デコレーションとして使え、いろいろと活用できます。

【貼付簡単・剥がせる・賃貸OK】貼付けの場所を掃除してから、ステッカーを貼りながら乾いた布で上下に押すだけで綺麗に貼れます。バランスのとる粘着力なので、落ちにくくて剥がせます。画鋲や釘が使えない場所にピッタリ!

【カットOK·DIY】ハサミで好きな形にカットしやすくて、裏面にはマス付きなので気軽に綺麗に切れます。部屋のレイアウトによって店のPOP、カフェのメニュー、小物の飾りとして思う存分DIYできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

-アマゾン

Copyright© 文系エンジニアの日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.