グルメ

神楽坂の甘味処と言えば紀の善

2019年4月29日

大学時代の友人と神楽坂に餡蜜を食べに行ってきました。以前から神楽坂の紀の善に食べに行きたいなと思っていたのですが、なかなか行く機会がありませんでした。大学時代の友人がGWで帰省したため、日頃の仕事の疲れを癒しに東京ドームの天然温泉 Spa LaQua行った帰りに立ち寄ってきました。東京ドームから神楽坂まで歩いたのですが、一駅のため20分ほどでした。たまには、散歩もいいですね(^^♪

1.神楽坂の紀の善とは

神楽坂にある紀の善は、飯田橋から徒歩2分ほどの場所にあり神楽坂の入り口付近にあります。神楽坂を上っていくとすぐに店舗を発見することができます。創業は昭和23年と歴史が長く、60年以上続いている甘味処の老舗になります。

ネットの事前情報だと、休日は行列ができていると記載があったため、並ぶことを覚悟したのですが夕方に行った際は、並ぶことなく店内に入ることができました。

この紀の善は、抹茶ババロアの発祥のお店としても有名です。

2.店舗の雰囲気

店舗の雰囲気なんですが、静かでとても落ち着いた感じです。1階と2階がお店になっており、計80席あります。都内では珍しいと思うのですが、座敷もあります。混雑しているので、店内で勉強や作業をすることは難しいと思います。

買い物帰りの休憩や、友人と思いで話をしたりするには最高の場所だと思います。

落ち着いた雰囲気なので、デートにも活用できると思います。客の年代層は、若い人から年配の方まで幅広いので、誰でも利用できる店舗です。

3.注文してみた

席に着席すると緑茶とお煎餅が運ばれてきます。

紀の善といえば、抹茶ババロアが有名なのですが今回はイチゴ餡蜜を注文してみました。

正確な値段は忘れてしまったのですが、950円前後で注文してから10分程で運ばれてきました。

見た目からして、美味しそうです。盛り付けも、とても丁寧でさすが老舗といった感じです。

こしあん、かんてん、豆、いちごが入っていて、その上に黒蜜をかけていただきます。

最初、この黒蜜を全てかけてしまうと甘くなりすぎてしまうのではないかと遠慮して、半分くらい残していたのですが全部かけても大丈夫でした。絶妙のバランスで計算しつくされている感じでした。ボリュームも多く、満足できました。

 

紀の善といえば、抹茶ババロアが有名なのかもしれませんがこのイチゴ餡蜜も非常に美味しいのでお勧めです。

4.まとめ

初めて行った神楽坂の紀の善でしたが、非常に満足度は高かったです。

スイーツに1000円前後出すのは少し高いイメージがあると思いますが、少し高い金額を支払っても食べる価値はあると思います。一度行ったら、リピータになること間違いなしです。美味しい餡蜜も食べられて、久しぶりに友人とも会えて満足な一日でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

-グルメ
-,

Copyright© 文系エンジニアの日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.