横浜一蘭(豚骨ラーメン)

豚骨ラーメンといったら、一蘭が有名ですよね!チェーン店で、全国展開しているお店です。店舗に関しては【一蘭店舗】を参照してください。今回は横浜の一蘭に行ってみました。

横浜一蘭に行ってみた!


店舗は2階なので長い階段を上がります。

まずは、食券を購入します。当然のことですが、豚骨ラーメンしかありません。(笑)トッピングや替玉はカウンターで別途購入することができるので、今回は790円のラーメンのみ購入しました。なかなか斬新です。
カウンターはこんな感じです。席と席の間には間仕切りがあるので、隣の人の視線を感じることはありません。また、友人同士で訪れた際にはこの間仕切りを外すことができます。普通のラーメン屋にはない作りをしています。正面にも簾があり食事をする際には簾が降ろされます。味集中カウンター と呼ばれており特許も取得しているようです。

カウンターに着席するとオーダー用紙を記入します。初めての方でしたら、基本で良いと思います。自分の好みに合わせてトッピングを変更してみてください。秘伝のタレですが、これは非常に辛いです。2倍を選択したのですが、スープを飲むときに辛くてむせました。(笑)秘伝のタレは、基本がお勧めです。

オーダを提出して、ラーメンが到着するまで暇だったのでポスターを読んでました。なかなかこだわりを持ったラーメンのようです。

数分でラーメンが運ばれてきます。非常に回転率は速いです。普段、二郎などを食べてる私にとって見た目は非常にシンプルに感じました。以下にも元祖なラーメンな感じがしました。

麺は、豚骨ラーメンなので非常に細麺です。スープは非常にあっさりとしていて、しつこくなくあっさりとしていて美味しいです。あっさりとしているだけではなく、この一蘭独自の秘伝のタレがアクセントになっていて食欲をそそります。この細麺とスープの絡み具合もマッチングしていました。

満腹感が無かったため、替玉を注文しました。替玉の注文は箸入れの紙でするのでなかなか斬新でした。麺の量的には、最初に注文したものより1.5倍くらいありました。この替玉を食べたら、お腹が一杯になります。女性の方でしたら、もしかしたら食べきれないかもしれません。友人と一緒でしたら、分けたら丁度良いと思います。それか、半替玉で丁度良いと思います。

まとめ

お昼時や夕食時には非常に混雑して、並びます。それだけ、人気店で有名でもあります。行くなら、少し時間をずらしていくことをお勧めします。全国展開しているチェーン店というと、淡泊なラーメンのイメージがありますがこの一蘭のラーメンは非常に美味しかったです。また、特許になっている味集中カウンターも導入しているので、女性一人でも訪れやすいと思います。気兼ねなく、替玉注文できます。美味しかったのでまた訪れたいと思いました。近くに店舗が無い方でも、家でも作れるみたいです。試してみてはいかがでしょうか。私自身も購入してみようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする