iPod classic(MC297J)のジャンク購入と修理


こんばんわ!今日は台風明けで交通機関が麻痺してそうだったため、年休を使用しました。お昼くらいから、交通機関が順調に流れ始めてきたので近くにあるハードオフに行きました。何か面白い物は無いかなと店内を物色してるとジャンクコーナにあるiPod classic(MC297J)に目が釘付けになりました。元々、ウォークマン信者でiPodには興味が無かったのですが容量160GBで3000円の値札に心が揺さぶられて購入してしまいました。ただ安かったから購入したわけではなく、なんとなく直せる気がしたというところが大きかったです。

1.直せると思った理由

➀外装状態がそこまで悪くなかった

液晶割れなどの物理的な状態が悪いと直すのが大変なので、購入は避けたいのですが今回は比較的綺麗だったから

➁HDDのフォーマットができたと記載があった

HDDのフォーマットができたということは、物理的に認識できているということなので問題ないと思ったから

➂ジャンクの理由がiTunesと接続できない。だったから

店員さんにジャンクの理由を聞いたら、iTunesが認識できないからと言っていてソフトウェアを修復すれば行けると思ったから

2.修理してみた

まず、ビックカメラに行きDock Cable(充電・データ通信用ケーブル)を買いに行きました。1000円くらいを想定していたのですが、まさかの472円。(笑)純正品ではないのですが、正規認証品なので購入しました。

Logitec iPad/iPhone4/4S/3GS/3G/iPod 対応 充電・データ転送 Dockケーブル 【Apple認証 Made for iPhone取得】 50cm ホワイト LHC-UADO05WH

家に帰り充電をして起動しましたがエラーメッセージが表示され、まともに起動できません。画像を撮影するの忘れてしまったので、アップルの公式から拝借しました。以下の画面が出ました。


引用:apple公式

まず、以下の操作を行いHDDの状態を調べました。

➀HDDの診断

・PCとiPodを繋ぐ
・センターボタンとメニューボタンを同時押し
・再起動してリンゴマークが出たらセンターボタンとバックボタン(左のボタン)を押し続ける。
そうすると以下のような画面ができます。

「SDRAM Pass!」と記載があったので、HDDは問題がないと分かりました。以下の操作を行い、表示されている画面を閉じます。
・センターボタンとメニューボタンを同時押し

➁ディスクモードにしてソフトウェアの修復

・PCとiPodを繋ぐ
・センターボタンとメニューボタンを同時押し
・再起動してリンゴマークが出たらセンターボタンと再生・一時停止ボタン(下のボタン)を押し続けます
そうすると以下の画面になりディスクモードに入ることができます。

iPodをディスクモードにすると、iTunesに以下のようなポップアップが出力されます。

※前提として、iTunesをインストールしておく必要があります。また、初期化をするとiPodのデータは全て消えます。
「OK」を選択すると修復が始まります。以下の画面がでれば完成です。

試しに、音楽を入れて聞いてみたりしましたが問題なさそうです。バッテリーも意外と持つので安く良いものが買えたと思います。ipodについての勉強もできたので、良い経験になりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする