水耕栽培

水耕栽培を始めてみた_1日目(道具の購入と苗作り)

投稿日:

最近、水耕栽培に興味を持ったので始めてみることにしました。様々な人のブログやホームページを見ると100円均一の道具で始めることができることやアイデア次第ではやり方が無限にあることが分かりました。

しかし、素人なのでまずは定番の方法で苗作りから始めてみることにしました。始めるための道具は、100円均一で揃えました。

1.水耕栽培を始めるために用意する物

水耕裁判を始めるために購入した物は以下になります。

➀容器

水耕栽培をするための容器になります。

➁キッチンスポンジ

キッチンスポンジの中に種を入れて苗を作るために使います。

➂苗を立てる物

容器の中に入れ、スポンジで育てた苗を立てるために使用します。今回は『どんとキャット』という物を使用しました。

➃種

今回はチマサンチュとサニーレタスを購入しました。100円均一では、2つで100円という価格で売られています。安すぎて驚きました。

➄肥料

100円均一では売っていませんが、苗が出来た後に必要になります。定番なのは、『ハイポネックス』か『ハイポニカ』ですが今回はハイポネックスを購入しました。どちらの肥料を使用しても問題ないと思います。

2.種まき

道具が揃ったので、種まきです。

まずはキッチンスポンジの固い部分を切り取ります。

切り取ったら8等分に分割し、キッチンスポンジにTの字の切れ込みを入れていきます。

そしたら容器に水を入れ、キッチンスポンジに水をよく吸い込ませます。

爪楊枝を使いキッチンスポンジに種を二つずつ乗せていきます。

種を乗せ終わったら、種が乾燥しないように上からトイレットペーパーを被せます。

種から芽が出るまでは暗室で保管するため、蓋をして保管します。

3.まとめ

予定では、2~3日で芽が出る予定なので楽しみです。作業自体はとても簡単でした。子供の夏休みの自由研究や自給自足の生活をしたい人にはお勧めなので是非試してみてください。また、インテリアとしても良いと思います。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-水耕栽培
-

Copyright© 文系エンジニアの日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.