PCのスペックや総稼働時間を表示する方法


パソコンをメルカリやヤフオクで売買する時に、購入者から以下のような問い合わせがよくあると思います。
➀PCのスペックを教えてください。(CPUやメモリ、HDDの容量など)
➁PCの電源を入れた回数や稼働時間はどのくらいですか?
BIOSやシステムから表示する方法もあるのですが、普段からPCを触っていない方はインターネット等で記事を探しても実際にやると難しいものがあると思います。そこで、今回は上記のような問い合わせに関して、PCのスペックや総稼働時間を表示するためのフリーソフト(無料)「Speccy」を紹介します。非常に簡単な方法なので、実践してみてください。

1.Speccyのインストール方法

➀ダウンロード
まずは、以下のリンクから「Speccy」をダウンロードします。
SPECYダウンロード
リンクが開けましたら、赤い丸で囲った部分のDownloadをクリックして、Speccyをダウンロードします。どこにダウンロードしたか分からなくなると大変なので、デスクトップに保存するのがお勧めです。

➁インストール
デスクトップ上にインストールしたファイル「spsetup132.exe」をクリックすると以下のような画面が出力されるので、「Install」をクリックします。※バージョンアップ等でファイル名が変更になっている場合があります。

➂インストールの確認
「Setup Completed」と表示されていることを確認してください。このメッセージが出力されていれば、正常にインストールできています。

➃PCのスペックや稼働時間の確認
先ほどの画面の「Run Speccy」をクリックしてみてください。そうすると以下のような画面が出力されPCのスペック等を確認することができます。
(CPUやスペックを表示する画面)

(PCの起動回数や総稼働時間を確認する画面)
Power On Count=起動回数
Power On Time=総稼働時間(日数で表示)

表示されている情報を、写真やスクリーンショットを撮り出品しているパソコンの情報として一緒に載せてあげることで購入してもらえる確立が上がりますし、購入者の安心にも繋がります。今回は、割愛しますがこの画面からPCに接続されているデバイスの情報などの様々な情報を確認できるのでいろいろ試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする