PC・ガジェット

SDカードケースは、DigioのMCC-801がシンプルで使いやすい

2020年1月20日

ここ1年程愛用しているSDカードケースの紹介です。

趣味で写真を撮影するため、日頃からカメラを持ち歩いているのですが合わせてSDカードの予備についても持ち歩くようにしています。

一回の撮影でたくさん撮影はしないので容量としては本体に入れているSDカードだけで十分なのでが、故障した時の予備として必要になります。

ちなみにですが、SDカードはHDD同様に消耗品です。

ある一定の書き込み回数を超えれば故障率も高くなりますし、SDカードの抜き差し等で物理的に壊れることもあります。

使用しているSDカードケース

使用しているSDカードケースは、ナカバヤシから発売されているDigio SDメモリーカードケース MCC-801(3枚収納)とMCC-1100(6枚収納)です。

使用した感想

普通のSDカードケースのため大きな特徴はありませんが、アルミ素材を使用したケースのため高級感があってカッコいいです。

MCC-801とMCC-1100で共通なのですが、ホルダーに静電気防止クッションを採用しているためホコリや静電気からメモリーカードを守ってくれます。

このクッションがあるため、SDカードケースの中でSDカードが動く心配がありません。

また、取り出しの際に誤ってSDカードを落としてしまうこともないため、安心できます。

MCC-801(3枚収納)

主に MCC-801(3枚収納)は、持ち運び時に使用しています。

厚さも薄いため、持ち運び時に邪魔になりません。

ケースの中には、3枚のSDカードが入るようになっているため必要十分です。

MCC-1100(6枚収納)

主に、MCC-1100(6枚収納)は自宅でSDカードを保管するために使用しています。

6枚収納できるので、満足しています。

もし、保管するSDカードが6枚以上増えるようでしたら買い足しをしたいと思っています。

まとめ

どちらの製品も1000円以下で売られていますが、作り自体は良いのでお勧めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

-PC・ガジェット

Copyright© 文系エンジニアの日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.