PC・ガジェット

ついに我が家にも大型ディスプレイがやってきた!

2019年2月7日

お久しぶりです。

本日はついに憧れだった大型液晶ディスプレイを購入したので簡単ですがレビューしたいと思います。

エンジニアという職業柄、PCを使用する機会が多いのですがとくに液晶ディスプレイへの拘りはありませんでした。

画面にちゃんと映像が出力されえれば良しと考えております。

そのため壊れるまで使い続けるスタイルなのですが、学生の時から使用してきたLGの液晶ディスプレイに縦のラインが入ってしまい、次のディスプレイを探さなければ行けなくなりました。

三菱のモニターも所有しているのですがマルチディスプレイの方が作業が捗るので購入は必須でした。

とりあえず、価格.COMで液晶ディスプレイを探してみたのですが画面サイズと価格が微妙に納得いきませんした。

パネルの種類もTNやIPSなどたくさんあり、10年の進化を感じました。

前段で述べましたが、PCで使用する液晶ディスプレイに限っては特段の拘りはないのでコスパ重視での選択です。

コスパ重視の選択をした結果、今回購入した商品はI-O DATA のEX-LD321DBというモデルです。

created by Rinker
アイ・オー・データ
¥20,230 (2020/07/12 16:08:42時点 Amazon調べ-詳細)

液晶ディスプレイを選ぶ基準

液晶ディスプレイについて検索すると、方式だったり素材だったりいろいろな情報が溢れかえっていますが重要なのは以下の三点です。

価格

性能もそこまで大きく変わらないので、コスパ重視で行きましょう!

サイズ

サイズサイズは重要です。作業スペースにもよりますができるだけ大きい物を選びましょう!

入力端子

これは、重要です。最低限、HDMIが付いているものを選びましょう。
※普段、よく使用しているケーブルが使えるものを選びましょう。
これだけを中心に選べば、特に大きな失敗なく購入できると思います。

購入してみた

私自身、個人的にお勧めのショップはNTT-X Storeです。

オンラインショップのみになりますが、NTTグループの会社のため安心感があります。

また、旧製品の投げ売りも有名で液晶ディスプレイや周辺機器などは物によっては価格.comやAmzonよりも圧倒的に安いです。

今回は、たまたま安くなっていた広視野角ADSパネル採用 31.5型ワイド液晶ディスプレイ EX-LD3151DBを19801円で購入しました。

30インチオーバの液晶モニターが20000円を切る時代が来たことにビックリでした。

10年前なら5万円以上はしたと思います。

購入してから2日程で商品が到着しました。

まず商品が届いて驚いたことは、段ボールの圧倒的な大きさです。

画像では分かりにくいですが相当大きいです。

付属品は、電源ケーブルとHDMIケーブルとディスプレイケーブルDisplayPortです。

設置してみました。隣の三菱の液晶モニターが23インチなので圧倒的な大きさがあります。

少し大きすぎたかなと思いましたが、2日程すると慣れました。

まとめ

大きい画面だと疲れるとよくいいますが、慣れると快適です。

少し気になる点としては、発色が少し薄い気がします。
そのため、画像編集や動画編集、ゲームをするのには向かないと思いました。

私自身の使用用途としては、資料作成やブログの更新、技術の検証が主になるので発色の問題については特に気にしていません。

好き嫌いが分かれる液晶だと思うので、是非店舗で確認してから購入することをお勧めします。

-PC・ガジェット
-,

Copyright© 文系エンジニアの日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.