愛用品

革用品のメンテナンスはRenapur(ラナパー)がお勧め

2019年11月30日

冬に近づくとブーツや革ジャンなどのレザー用品を使う機会が多くなります。

私自身、革製品が好きで何年も愛用している物がいくつかあります。

革製品は購入時に値段が張りますがメンテナンスさえしっかりとすれば何年も使用できますし、長年使用することによって自分の体系に合わせて革が馴染んでくることも最大の魅力です。

また、使用すればするほど革の持っている表情も変わってくるところも面白いところです。

今回は革製品のメンテナンスで私自身が使用している商品を紹介します。

1.使用している商品

使用している商品はRenapur(ラナパー)です。

ラナパーは、東急ハンズなどにも売られている定番商品ですが私はAmazonで購入しました。

生産国はドイツになります。

2.お勧めなポイント

この商品を長年使っていて良かったポイントを紹介します。

➀革への吸収性が高い

どのオイルでも変わらないことですが、革に艶が出て柔らかくなります。

ここまでは他のオイルと変わりませんが、この製品の特筆すべき点は塗布後に1日乾かすだけで革がオイルを吸い込んでしまい、ほとんどべたつきがでないことです。

ミンクオイルなど様々なオイルを試してみましたが、革へのオイル吸収性は一番高いと思いました。

色や匂いもほぼ無く、オイルも伸びやすいため塗布しやすいです。

➁撥水性が高い

雨の日でも革ジャンを着るのですが、ラナパーを塗布しているため雨をよく弾いてくれます。

家に帰宅してから濡れてしまった箇所を乾いた布で拭き、ラナパーを少量塗布してあげるだけで再び撥水性を維持してくれます。

革製品が雨などに濡れた際は、早めに乾いた布で拭き取りオイルを塗布することで革のひび割れや雨染みを防ぐことができます。

➂長持ち

価格が少し高めなのですがボリュームがあるため中々使い切ることは難しいです。

私自身もこのラナパーを使い始めて数年ほど経っていますが、まだ使い切れていません。

一度購入してしまえば、しばらく購入する必要はありません。

3.まとめ

革製品は高額ですがメンテンナンスさえしっかりとすれば長年愛用することができ、革の変化を楽しむことができます。

メンテナンスしないでそのまま放置してしまうと、ひび割れや染みができてしまいます。

そのため、革製品のメンテナンスは重要です。

余談なのですが、ラナパーを使用する前には必ずブラッシングをするようにしています。

埃や砂などが革製品についていると、塗布する際に革を傷めてしまう可能性があるからです。

ブラッシングには以下の商品を使用しています。

この記事が誰かの役に立てばと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

-愛用品

Copyright© 文系エンジニアの日常 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.