ITパスポートは社会人の基礎


ITパスポートとういう資格をご存知でしょうか?通称Iパスと言われているようです。(笑)僕がこのITパスポートを取得した2010年ぐらいの時にはそんな呼び方はされていなかったように思います。いつからこんな風にら略称で呼ばれるようになったのでしょうか?スマートでいいですね。ちなみにですが、公式サイトでもIパスと記載されているので公認のようです。今回は、簡単にITパスポートの試験について紹介します。

1.ITパスポートとは

iパスは、ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。
具体的には、経営戦略、マーケティング、財務、法務など経営全般に関する知識をはじめ、セキュリティ、ネットワークなどのITの知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験です。 ITを正しく理解し、業務に効果的にITを利活用することのできる“IT力”が身につきます。
引用:ITパスポート試験

簡単に説明すると国家試験で、社会人や学生なら知っておくべき知識なので取得をお勧めしますよという感じですかね!個人的にも、このITパスポートはお勧めです。大学生や専門学生、どんな職種の方でも取得しておいて損はないです。むしろ、メリットしかないです。

ITの基礎知識を持っていることを証明できる

今の現代、生活の身近に必ずコンピュータは存在します。普段使っているパソコンをはじめ、スマホや車などの日常生活で使用するものからテレビや冷蔵庫などの生活家電まで全てコンピュータで制御されています。会社に入れば、間違いなくパソコンを使用します。日常生活の身近にあるパソコンについてこのITパスポートの勉強をしておくことでどのようにして動いているのかを体系的に説明できるようになります。

就職で有利になる

学生でしたら就職活動の際にこの資格を取得しておけば勉強を頑張ったアピールすることができます。最近の学生はスマホですべてを済ませてしまうため、パソコンを使用できる人が少ないと聞いたことがあります。このITパスポートを取得しておけばパソコンの基礎を知っていることの証明になるので有利になります。どんな職種でも、企業はパソコンができる人を求めています。

2.勉強方法

真面目にやれば、1カ月もあれば取得できてしまいます。一瞬の集中が必要です。だらだら適当にやるよりも試験日を先に決めて申し込みを行い、追い込みながら勉強した方が効率が良いです。

テキストと問題集をやり込む

テキストをひたすらやるに限ります。お勧めの参考書は以下になります。

おすすめの過去問サイト

以下のリンクにあるITパスポート試験.comがおすすめです。試験を受験する半数以上の人が利用しているサイトだと思います。親切に解説が記載されている点がお勧めです。
ITパスポート試験.com

3.まとめ

ITパスポート試験は、勉強すればだれでも確実に取得できます。実際にITパスポートの合格率は毎年50パーセント前後となっています。そのため、そこまで難しくはありません。しっかりと事前に勉強をしておけば問題ありません。是非、合格を勝ち取ってください!応援してます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする